一般的なインプラント治療と当医院のインプラント治療について

インプラント

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯ガない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。

 噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

 失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工義歯)療法です。この治療方法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。

ICOI

インプラントジャパン調べ
※インプラントジャパン調べ 2017年11月現在

インプラントネット調べ
※インプラントネット調べ 2017年11月現在

光機能化インプラント

院長の書籍のご紹介

書籍一覧

東山書房より全国書店およびインターネットamazon.co.jp、またはhigashiyama.co.jpにて発売中!

ニューヨーク大学卒後研修短期留学プログラム

  • 治療案内
  • 治療内容
  • 治療設備
  • インプラント
  • インプラント治療
  • インプラント治療の流れ
  • インプラント症例集
  • インプラント治療Q&A
  • インプラント治療施設
  • 医院案内
  • 医院案内
  • 治療設備・施設のご紹介
  • 院長プロフィール
  • ドクター紹介
  • お知らせ
  • アクセス/診療時間
  • お問い合わせ

アクセスマップ

神奈川県海老名市中央2-4-1
海老名イオン2F
046-233-0668
小田急線 海老名駅 徒歩5分

予防歯科専門ウェブサイト

ページの先頭へ
^