インプラントの症例を紹介

インプラント治療の症例集

これまでの歯科治療とインプラントの違い

今までは無くなってしまった歯の治療は「ブリッジ」という技法でまわりの健康な歯を削ってしまう治療や 入れ(義歯)での補足が主流でした。 しかしインプラント治療では健康な歯を痛めることなく人工の歯根を埋め込みその上に人口の歯を作る為まわりの健康な歯を傷つけたり、噛み合わせの力を損なうことなく、また骨や歯根を痛めることなく長く保てる最新の置換治療といえます。
歯が何らかの理由により抜けてしまうと、まわりの健康な歯にも大きな影響を及ぼします。それを補うために両隣の歯を削ってブリッジを作る為、その代償としてエナメル質、ならびに一部象牙質が削られてしまうためにダメージを受けるのです。

従来のブリッジとインプラントの比較

実際の症例1~インプラント植立後の写真~

写真1に示すような健全な歯を削ると、このエナメル質ならびに一部象牙質は、元通りになることはない。
しかしながら、インプラント治療の場合、写真2に示すように両隣の歯を削ることなく治療することができます。
写真3はインプラント植立後のレントゲン写真です。

実証の症例2~義歯との比較~

写真1に示すような健全な歯を削ると、このエナメル質ならびに一部象牙質は、元通りになることはない。
このような症例をインプラントとして治療する場合、写真2に示すように両隣の歯を削ることなく治療することができます。
写真3はインプラント植立後のレントゲン写真です。

実際の症例3~歯根の炎症とインプラント~

この症例では、歯根が割れてしまい、しばらく放置したため炎症が起こり、写真5に示すようにくちびる側の骨がほとんどとけてしまい減ってきてしまってます。1980年代まではこのような症例の場合、骨が十分にないのでインプラント治療ができなかったのですが、1990年代から骨の再生医療技術の開発により写真6に示す人工膜、及び自家骨移植技術を用いることによって骨が再生して、インプラントが写真7に示すように、骨の中に固定できるようになってきました。

実際の症例4~歯根の周辺に骨が無い場合~

写真8に示すような、歯根の周りの骨が喪失している症例の治療方法は元来抜歯でありました。この症例の歯周病に対して、スケーリングなどの治療とともに、この歯の隣の欠損部にインプラントを植立することにより、この歯牙への噛み合わせの力による負担が軽減され、写真9に示すように、歯の周りに骨が再生され抜歯を行うことなく、歯の寿命を延ばすことができます。

実際の症例5~歯牙の欠損とインプラントの植立~

写真10に示すような、歯牙の欠損を放置したため隣の歯牙が倒れこんでいる症例の治療方法は元来抜歯でありました。写真11に示すように、インプラントを植立し、これに矯正装置を付けて写真12のように、このインプラントを固定源として用いることにより、倒れこんでいる歯を起こすことができ、この歯を元の正しい位置に矯正することができます。下のレントゲン写真は口腔内写真です。インプラントを固定源としたスプリングにより奥の歯がおこされるように矯正されてきています。

実際の症例6~インプラントによる骨の再生~

写真13に示すように、広がったスペースに、もう一本インプラントを植立し、噛み合わせを整えると、写真14・15に示すように、倒れこんでいた歯の骨が再生して、抜歯しなくて済むようになります。

インプラント治療完成の全体写真

歯が0本の症例のインプラント治療

これまで日本において主として抜歯を行ってきた症例においても、インプラント治療や骨再生治療といった最先端の医療技術の適用により抜歯を行うことなく、現存歯の欠損も防ぐことができるようになってきています。
ひと昔に比べ、インプラント技術は格段に進歩しており、当歯科医院でも理事長をはじめ、国内外の学会・研究会に多く出席し、最新のインプラント技術を日々習得しており、複雑な症例にも多くの成功実績がございます。
歯の状況にもよりますがインプラントという歯科治療は選択肢として一般的になってきております。

ICOI

インプラントジャパン調べ
インプラントネット調べ
光機能化インプラント

院長の書籍のご紹介

書籍一覧

東山書房より全国書店およびインターネットamazon.co.jp、またはhigashiyama.co.jpにて発売中!

ダイナースクラブ「デンタルケアサービス」

ニューヨーク大学卒後研修短期留学プログラム

  • 治療案内
  • 治療内容
  • 治療設備
  • インプラント
  • インプラント治療
  • インプラント治療の流れ
  • インプラント症例集
  • インプラント治療Q&A
  • インプラント治療施設
  • 医院案内
  • 医院案内
  • 治療設備・施設のご紹介
  • 院長プロフィール
  • ドクター紹介
  • お知らせ
  • アクセス/診療時間
  • お問い合わせ

アクセスマップ

神奈川県海老名市中央2-4-1
海老名イオン2F
046-233-0668
小田急線 海老名駅 徒歩5分

予防歯科専門ウェブサイト

ページの先頭へ